森の体験

ひゃくねん森では、
森の中の素材を使って各種製作を行うことが出来ます。
雨の日や冬の寒い日は、
炭焼き小屋の中や、ログハウスの中で活動できます。
ログハウスの中には暖かい薪ストーブもあります。

・炭焼き体験


・箸づくり ・風鈴づくり ・木工細工など

・薪割り体験

・孟宗掘り体験(4月中旬~5月下旬)

・森のボトルづくり

竹林を整備するとたくさんの竹材がでます。
この竹材の利用方法の1つに竹炭があります。
炭は昔から利用されているバイオマスエネルギーの1つで、
燃料・調湿材・土壌改良材など様々な目的で使われます。
しかし、燃料革命後、エネルギーが薪から石油に代わり、
炭の生産量が減ってきました。
地球温暖化が問題視されるようになった昨今、
再び炭や薪に注目が集まっており、
三瀬孟宗竹活用研究会でも竹炭製造を行っています。