ひゃくねん森

ひゃくねん森は、
鶴岡市三瀬大豆沢にある
樹齢85年のスギ林です。
 このスギ林は、親子三代に渡り、
植林・下刈り・間伐・枝打ちを繰り返し、
丁寧に手入れされてきました。

森には、自然に成長した「天然林」と、
人の手によって植えられ手入れされた
「人工林」の二種類があります。

ひゃくねん森は、
木材生産を目的として植えられた
「人工林」です。
手入れが行き届いたスギは、
幹が太く、枝張りも良く、
良好な樹形をしています。
また、日当たり良く管理しているため、
スギの根本には色々な山菜も見られ、
魅力ある森になっています。

世界中の森林を研究調査し、
認証する国際機関である
FSCジャパンの富村周平氏より、
「しっかり手入れされ、
日本で5本の指に入る美林だ。」
と称賛されました。

樹木の生長が良い理由の1つとして、
豊富な水源があげられます。
ひゃくねん森には、
ところどころに湧水が見られます。
湧水がたまった池には、
鳥海マリモが見られるなど、
水質も良好な事が伺えます。